新型コロナウイルス集団発生防止への取り組み
新型コロナウイルス感染症の収束が見えない不安な状況が続いています。
ひらつか音楽教室は緊急事態宣言の発出に伴って4月は自主的に休校としておりましたが、施設規模が小さいため休業要請ではなく、「適切な感染防止対策を施した上での営業」の協力依頼を受けている状況です。
5月からの教室再開に合わせて、感染防止について首相官邸HP、厚労省HPなどの資料を参照し、適切な対策を行います。
3密を避けるためレッスン毎に、ドアノブなどの消毒、レッスン室2つの窓と待合室・玄関ドアを全て開放し約5分間の十分な換気、講師と生徒さんの間にパーテーションを設置しての飛沫感染防止、などの対策を致します。(ブログにて感染防止対策詳細を記事にしております)
ひらつか音楽教室は不特定多数の人が出入りすることがない小さな個人教室であることを活かし、生徒さんと講師の安全を第一に考えてフレキシブルに十分な感染防止対策を施し、音楽・楽器演奏という文化的活動を生徒さんと共に続けていきます。
生徒さんにもマスク着用、アルコール消毒などのご協力を頂くことになります。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解お願い致します。